スポンサーリンク

結局サーバーってどこがいいの?

レンタルサーバー テクノロジー

こんにちは、Mojaです!

最近、ブログをlivedoorからWordPressに移行しました。

もともと無料ブログでサイト開設して、
記事を書くのに慣れる&収益化してきたら、
サーバーを借りてWordPressに移行する予定だったのですが、

色々と検討した結果、
早めにサーバーを借りて自分のブログを開設した方がいい。
という結論にいたり、

現在はWordPressでこのサイトを運用しています。

今回は、無料ブログを使うメリットとデメリット、
ブログを開設する上でおすすめのサーバーについて、ブログ初心者向けに解説します。

無料ブログのメリットとデメリット

画像:ブログ

Photo by rawpixel.com from Pexels

無料ブログのメリットは、何と言っても「無料」であること。
初期費用が一切かからずにブログを始めることができるので、
ブログから広告収入を得るつもりが無い人にとってはおすすめです。

また、AmebaブログやLINEブログなどはプラットフォームが充実していいて、
カテゴリ設定などをうまくやれば、読者を集めやすいというのもおすすめの理由です。

ただ、無料ブログだとアフィリエイトなどの広告を貼ることができない。
ブログを運営している会社の規約やポリシーによって、記事が削除される可能性がある。
といったデメリットもあります。


無料ブログで書いた記事は、基本的にはあなたのモノではなく、
無料ブログを提供している会社のモノ。

ぐらいに考えていた方が良さそうです。

なぜlivedoorブログを選んだのか

僕がなぜ数ある無料ブログの中からlivedoorブログを選んだかというと、

  • 広告掲載ができる
  • 独自ドメインの接続が無料

というメリットがあるからです。

多くの無料ブログが、執筆者が広告を出すことを禁止している中、
livedoorブログでは無料ブログにも関わらずアフィリエイト広告を掲載することができます。

また、独自ドメインの接続も無料なので、初期費用をほとんどかけずに独自ドメインでブログ運用ができるのが大きなメリットでした。

なぜlivedoorブログをやめたのか

上で書いたように、livedoorブログは非常に優秀です。
「まだ東京で消耗してるの?」でおなじみ、ブログ収入が億越えしているイケハヤさんもlivedoorブログを使ってブログを書いています。

ではなぜ、僕がlivedoorブログからWordPressに移行したのか。
それには次の理由があります。

  • CMSが使いにくい
  • https化できない(SEO的に問題あり)
  • livedoorの広告が掲載されてしまう

CMSが使いにくい

CMSとは、Contents Management Systemの略で、
簡単に説明すると、ブログの編集作業をコーディング無しに簡単にできるようにするシステムのことです。

例えば、文章中の文字の色を変えたいとき、
本来であればHTMLとCSSを書き換える、いわゆるコーディングが必要ですが、
CMSがあればボタン一つで簡単に文字の色を変えることができます。

CMSはブ各社独自のものを提供しているのですが、livedoorのCMSは使いにくいのです。
感覚的な話で申し訳ないのですが、柔軟性がないというか、融通がきかないというか。

とにかく、ブログを書いていて、あまり書き心地がよくありませんでした。

https化できない

画像:doors
livedoorブログはhttps化できません。
https化ができないと、Googleにセキュリティ対策ができていないサイトと認識されてしまうので、
SEO(検索したときに上位に表示されるようにするための対策)上問題があります。

無料で使えるので文句は言えませんが、https化に対応していないのは大きな問題です。

livedoorの広告が掲載されてしまう

画像

Photo by Artem Bali from Pexels

これも無料で使っているので仕方のないことですが、
自分の意図しない広告が掲載されてしまいます。

そしてその広告から発生した収益は全てlivedoorのものに。

アクセス数が少ないうちはいいのですが、
アクセス数が伸びていくにつれて逃す収益も多くなっていくので、
僕は早いうちに独自ブログに切り替えようと思いました。

サーバー選びの基準

独自ブログを開設するにあたり、必ず必要なものがサーバーとドメインです。

ドメインはもともと持っていたのですが、サーバーをどこで借りるのかはかなり迷いました。
僕がサーバーを選ぶ基準は次の通りです。

  • 月々の費用が安い
  • アクセス数に応じて柔軟にサーバーの性能をあげられる
  • HTTPS化が簡単にできる

ブログで収益が出せるようになるまでは、
サーバーのレンタル費用が全て赤字になってしまうため、
月々の費用が安いというのは絶対条件でした。

各社サーバーを比較

僕が調べた中で魅力的だと思ったレンタルサーバーは、この3つです。

  • AWS
  • X Server
  • ロリポップ

それぞれのメリット、デメリットは以下の通り。

AWS
メリット柔軟性が高いのでアクセス数が伸びてサーバー負荷が高まっても対応が簡単。
デメリット:従量課金システムのため、料金の固定化が難しい。

X Server
メリット独自SSLが無料。WordPressがサクサク動く!
デメリット転送量制限がある(1日50GB〜70GB程度)

ロリポップ
メリット安い!
デメリット遅い!独自SSLが有料で割高。

結論

AWSは以前使ったことがあるのですが、月々の請求金額が安定しないので今回はなし。
ロリポップも独自SSLが有料なのでNG。

残るX Serverですが、調べたところ、
一番安いプランで月々540円(税込)で運用できるようです。

無料で使える試用期間もあるので、今回は試しにXserverを利用してみようと思います。

以下広告です。
(バナークリックでXserverのサイトに移動します。)

追記)
Xサーバーを利用して1ヶ月経ちますが、何の問題もなく快適に使えています。
ボタン押すだけでHTTPS化も簡単にできました。

コメント