スポンサーリンク

LINEスタンプを作ってみた

ミスタートイレットペーパー テクノロジー

LINEスタンプを作りました!
作成したスタンプを審査に出していたのですが、
ついに先日審査に通り、販売を開始しましたー!!!

(下の画像をクリックすると、LINEアプリが起動し販売ページに移動します。)

 

画像:ミスタートイレットペーパー
ミスタートイレットペーパー

ネットで調べたら、

LINEスタンプなんて今更作っても利益が出ない。

とか、

市場はもう飽和状態。

といったネガティブな情報も多く見つかり、自分でも

今更LINEスタンプなんて作って利益でるの?


と思ったのですが、ものは試し!
何事もやって見なければわかならい!!!と思ったので、作りましたよ40個!

作って見た感想ですが、なかなか40個アイデアを出すのは大変で、
さらにアイデアをデジタルの絵として書き出すのが、また大変でした。

以下、自分流のLINEスタンプの作り方と、作成から審査までの流れについて解説します。

LINEスタンプ作成から販売までの流れ

LINEスタンプ作成から販売開始までの、
大まかな流れはこんな感じです。

(下記のリンクから、LINE Creators Marketのページに移動できます。)

  1. LINE Creators Market に登録
  2. スタンプ画像をPNG形式で作成(最大W370 * H320 pixel)
  3. スタンプ画像をアップロード
  4. 審査
  5. 販売開始!

LINE Creators Marketへの登録方法は調べればすぐわかると思うので、
今回はスタンプの作り方から説明します。

テーマ、コンセプトの設定

まずは、作成するスタンプのコンセプトを決めます。
あとあと気づいたのですが、これがかなり重要です!
この段階で適当なコンセプトを設定すると、後で後悔します!!

僕はトイレに入っているときにLINEスタンプ作ろうと思い立ったので、
完全に思いつきで、トイレットペーパーを題材にスタンプを作りましたが

全くトイレットペーパーに興味ないし、
絵のアイデアも思い浮かばないので作成にかなり苦労しました。

繰り返すようですが、作成するスタンプのコンセプト設定は重要ですので、
しっかりとコンセプトを決めてから作成に取り掛かりましょう。

スタンプ画像の作成

スタンプ画像を作る方法は色々あると思うのですが、
僕はこのアプリを利用して、iPad miniで手書きで作りました。

 

画像:Adobe Photoshop Sketch

Adobe Photoshop Sketch

製作過程はこんな感じ。

絵を描き慣れてない&手書きなので、時間がかかります…。

スタンプ画像を作ったら、

パソコンに画像を取り込み → 不要な背景をトリミング → サイズを調整

以上の手順でスタンプが完成です!!

スタンプ一覧

スタンプが完成したらアップロードして審査へ

スタンプが完成したらLINE CREATORS MARKETへアップロードしてスタンプの審査を行います。
スタンプの審査を申請してから審査が完了するまでは、だいたい10日ぐらい。
ステータスが審査完了になって販売開始ボタンをクリックすると。。。

無事、スタンプが販売開始されます!

おわりに

苦労して作ったスタンプが
実際にストアで販売されているところを見ると、かなり嬉しいもの。

自分のオリジナルスタンプ作りに興味があったら、
ぜひ一度挑戦してみてください!

僕は意地で40個作りましたが、
1セット8個からでも販売が可能です。

ミスタートイレットペーパー02

 

僕が作ったミスタートイレットペーパースタンプはこちらで販売しています!
(リンクをクリックすると、LINEが起動しスタンプのページに移動します。)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^^)♩
それではみなさま、良い1日を☆☆

 

コメント