スポンサーリンク

【動画あり】岡本太郎美術館に行ってきた

雑記

こんにちは、Mojaです。
今日は川崎市にある岡本太郎美術館に行ってきました。

岡本太郎といえば
「芸術は爆発だ!」という有名な言葉を残している、日本を代表するアーティスト。

大阪万博での一躍有名になった「太陽の塔」や、
渋谷駅に飾ってある巨大な絵「明日の神話」は見たことがある人も多いと思います。

今日は、そんな岡本太郎美術館のおすすめポイントを、箇条書きでサクッとご紹介したいと思います♩

岡本太郎美術館のダイジェスト映像も作ってみました♩

岡本太郎ミュージアムの場所

岡本太郎美術館は神奈川県の川崎市にあります。


小田急線の向ヶ丘遊園駅を降りて徒歩約17分。
生田緑地内に美術館があります。

岡本太郎美術館のおすすめポイント

色々な展示があって飽きない

image

岡本太郎は生涯に渡り様々な作品を残してきました。
岡本太郎美術館には、絵だけでなく、彫刻、陶芸作品、書籍など、
様々な作品が展示してあるため、来場者を飽きさせません!

写真撮影コーナーがある

image
美術館は撮影禁止の場所が多いですが、
岡本太郎美術館は一部の作品は実際に触れて撮影することができます。
「手の椅子」なんかはインスタ映えしそう。

充実した書籍コーナー

image
美術館の出口付近には書籍コーナーがあり、
今ではもう販売していない書籍も展示してあり、自由に読むことができます。
岡本太郎の作品や活動について、深く知りたい方にはおすすめです。

キッズコーナーがあるので家族づれでも安心

子供が遊べるキッズコーナーもあるため、家族づれでも楽しむことができます♩
僕が行った時も、何組か子供を連れて来館している人がいました。
小さいお子さんがいる家庭には、キッズコーナーが充実しているのは嬉しいですね。

カフェテリアも併設

パスタやオムライスなどの洋食が楽しめる、レストラン兼カフェも併設されているので、
展示を見た後にゆっくりすることも可能。
日中のデートにも使いやすいですね♩

自然豊かな公園の中にある

image
岡本太郎美術館は生田緑地という自然豊かな公園の中に有ります。
僕が行った時はちょうど紅葉が綺麗で、
都会の喧騒を離れてリラックスすることができました。

おまけ

岡本太郎美術館からの帰り道、
美味しいランチのお店がないか調べていたところ、素敵なお店を発見しました。

とんかつの揚げ具合が絶妙で、値段もリーズナブルなので、
岡本太郎美術館の帰りに、ぜひ立ち寄ってみてください♩

本日もお読みいただき、ありがとうございました♩

コメント