スポンサーリンク

簡単!節約!電子レンジでできるプロテイン飯!

画像:ささみジャーキータイトル 料理・食事

こんにちは!Mojaです。
皆さまはいつもお昼ご飯をどこで食べていますか?

外食派?弁当派?それとも食べない派?

僕は今まで外食していたのですが、
お昼代って結構バカにならないんですよね。

しかも外食は栄養バランスが偏りがちで、高タンパク低カロリーの食事も見つけにくい。

そこで、手軽にに持ち歩けて、日持ちもする、
電子レンジでできる、簡単ささみジャーキーを作りました!!

 

簡単!節約!ささみジャーキーの作り方

必要な材料

用意するものはこちら

ささみジャーキー材料
  1. 鳥のささみ肉
  2. こしょう
  3. スパイス(お好みで)
  4. キッチンペーパー

作り方

ささみを開く

まずはささみを包丁で開いて、水気を取ります。

塩コショウをすり込む

水気をとったら塩、こしょう、スパイスを適量すり込みます。

ささみジャーキーをレンジで加熱

あとはお皿に乗せて、電子レンジにどーん!
レンジの設定は600W、加熱時間は片面約10分ずつ。

 

ささみジャーキー完成

10分経ったらささみをひっくり返して、
更に10分ほどレンジで加熱したら完成!!

作りたては、熱々ジューシーで美味しい!
お酒との相性も良さそうです♩

レンジから取り出してすぐはしっとり柔らかですが、粗熱が取れると結構硬くなります。
塩分、加熱時間の調整次第でかなり日持ちするので、忙しい方は大量に作って作り置きしておくと便利ですよ♩

作るときの注意

実は最初に作った時、加熱しすぎてしまい、ささみから煙が吹き出していました…。

ささみジャーキー失敗作

電子レンジから取り出してみると、スナックみたいにカリッカリの食感に。
水分が完全に抜けきっているため、常温でも日持ちしそうですがあまり美味しくない。


焦げた部分は苦くて食べれたものじゃなかったので、
勿体ないですが廃棄しました…。

電子レンジで加熱する際は、加熱のしすぎに要注意!!
作る分量によって、適度に加熱時間を調整するのが良さそうです。

大量に作り置きしたい場合オーブンを使うと便利!

オーブンで作ったささみジャーキー

自宅にオーブンがあるという方は、
大量にささっと作れるので、是非オーブンを使いましょう!
トレイの上に網を強いて、ささみを乗せてオーブンに入れるだけで簡単にできます。

温度設定は150℃に設定して、1時間半ぐらい放置。
オーブンから取り出して、適度に火が通っていればOK!!

ささみジャーキー比較

電子レンジで作ったもの、オーブンで作ったもの、加熱し過ぎてしまったものを並べるとこんな感じ。

見た目も色も全然違いますね。
いちばん上が加熱しすぎたもの、左が電子レンジで作ったもの、右がオーブンで作ったもの。

実際に食べてみた感想は、
オーブンでじっくり焼いたものが外はカリカリ、中はしっとりで一番美味しかったです。
鳥のささみは大量買いすると安いですし、一気に仕込んで冷凍しておけるのでおすすめですよ!

これからランチは外食の代わりに
ささみジャーキー+サプリメントで時間とお金を節約しようと思います♩


僕はいつもiHerbでサプリメントを買ってます。
外国の高品質な商品が安く購入できておすすめですよー!

サプリメント以外にも様々な外国の食品が売られているので、料理好きの方にもおすすめ。
僕の友達はコーヒーをここで購入しているそうです。

商品購入時に以下のクーポンコードを入力すると、 全商品が5%オフで購入できます。
(以下の割引コードをクリックすると、iHerbのトップページにクーポンが適用された状態で移動します。)

2回目以降も使える!全商品5パーセント割引コード「AAZ7329

コメント