スポンサーリンク

目覚ましをかけるのをやめよう

image:title コラム

突然ですが、
あなたは朝起きる時にアラームを使っていますか?

 

僕は3年ほど前からアラームを使うのをやめました。

 

アラームを使わなくなって、
最初のうちは寝坊するかもしれないと不安でだったのですが、

今では朝6時ごろに自然と目がさめるようになり、寝起きもスッキリ快適です。

 

なぜ僕がアラームをかけるのをやめたかというと、
単純にアラームで目覚めるのが脳に悪いからです。

 

人間の睡眠にはサイクルがあり、

約90分ごとにレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)が切り替わっています。

 

そして、朝起きる時間に近づくと、深い眠りから浅い眠りに移行し、

自然と体温が上がり脳と体が目覚める準備を始めます。

 

しかし、アラームをかけてしまうと、
ゆっくりと起動準備をしている脳と体を無理やり叩き起こすことになり、

 

結果的に目覚めも悪く、
脳にも体にもダメージを与えることになるのです。

 

もしあなたが最近寝覚めが悪いと感じていたら、

1度アラームをかけるのをやめてみるといいかもしれません。

 

コメント