スポンサーリンク

読書レビュー「2000社の会社を黒字にした社長のノート」

image:book 本・映画

こんにちは、Mojaです。

この前コーヒーショップが併設されてる本屋に行って、
コーヒーを片手に何かいい本ないかなぁと店内をふらふら歩いてたんですよ。

それで本屋のおすすめコーナーに行ったら、
タイトルが気になる本があったのでパラパラとページをめくってみました。

「2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート」っていう本なんですけど、
すごくためになる言葉がいっぱい書いてあって、思わず全部一気に読んでしまいました。

いろんな言葉が書いてあったんですが、その中でも特に心に響いた言葉や共感した言葉を紹介したいと思います。

ピカピカのトイレは汚れない

この本の著者の長谷川さんが、とあるゴルフクラブのトイレに行った時、
トイレがとても清潔に 保たれていて感動を覚えたそうです。

そこで、このゴルフクラブの支配人に、トイレがとても綺麗ですねと伝えたところ、
「いや、トイレを常にピカピカにしておくと、逆に汚されないんですわぁ」
という答えが返ってきました。

なるほどなと、長谷川さんは思ったそうです。

これはビジネスの世界にも当てはめることができて、全く汚れのないように、法律やルールをしっかりと守ってビジネスをやっていれば、 悪い輩に取り付く島を与えない。

つまり汚れを寄せ付けないでいられるのです。

これは確かに、 非常に理にかなったやり方だと思いました。

負の連鎖を断ち切る1番の薬は成功体験

人生いい時もあれば悪い時もありますよね。
そして時には失敗を立て続けにしてしまい、負の連鎖に陥ることもあると思います。

そういった負の連鎖に陥ると、自信を喪失してしまい、なかなかその状況から抜け出すことができなくなってしまうことも。

そうなってしまった時一番効くのが成功体験をすること。これにはすごく共感します。

僕も以前、小さな失敗を立て続けに起こし、自信喪失していた時期があるんですよ。
何もかもがうまくいかないと感じていて、そんな負の感情をごまかすために毎晩大量のお酒を飲む日々が続いていました。

でも、このままじゃいけないと思い、思い切ってお酒を断ちました(現在はお酒解禁してます)。
最初のうちは辛かったのですが、 お酒を断つことによってだんだんと体調が良くなり、
断酒が成功したことによって、少しずつ自信を取り戻すことができました。

この時、成功体験って大事だなと心から感じました。

ただ、負の連鎖に陥っているは ”外的要因によって成功失敗が決まること” はやめた方がいいと思います。
だってめちゃくちゃ努力したのに外的要因が原因で失敗したら、さらに負の連鎖に陥ってしまうじゃないですか。

だから、筋トレとか断酒とか”やれば必ず成功すること”を選んで、成功体験をつくるのがいいと思います。

負けを認めてすぐ再挑戦せよ

これにも共感しました。

僕は断酒や禁煙、ダイエットに今まで何度も挑戦して失敗してきました。
友達にも「お前の趣味禁煙だろ?」って言われるぐらい、何度も挑戦しては失敗を繰り返してました。
失敗っていうか、単純に継続しなかっただけなんですけれどね。

それでも失敗したらまたすぐに挑戦するんですよ。

そうして挑戦を繰り返していくうち、
最初のうちは3日坊主だったに、徐々に一週間、1ヶ月、3ヶ月と禁煙が続くようになり、ついに
禁煙に成功!

一度失敗しても、やり方を変えて何度も挑戦するうちに成功することって多くあります。

そして、成功すると、成功するためのコツをつかめるので、
僕は何かに挑戦して失敗しても、1度の挑戦で諦めないことをお勧めします。

徹底的にプロセスにこだわれば、本当の実力が見えてくる

やり方、プロセスにこだわるのは大事なことだと思います。
人生、たまたま運がよくて大成功したり、いい結果が出ることってあると思うんですよ。
でも、そういうの成功って再現性がないし続かない。

たまたま得た成功を自分の実力だと勘違いする事なく、成功のためのプロセスを研究し、その手順をしっかりと守ることによって、成功に再現性を持たせることが重要。

同じ結果でもいいプロセスには再現性があり、悪いプロセスだと長続きしないのです。

おわりに

今回紹介した言葉以外にも良い言葉がたくさん書いてあったので、気になる方は是非読んで見てください!

ちなみに僕が読書するときは、Amazon Kindleを使っています。
電車の中でもスマホで読書できるので非常に便利!


電子版と紙の本、両方ともAmazonで買うことができます。

 

コメント